社労士の勉強時間

社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか? > 社労士メニュー > 実務に関する知識を身に付けるためには?

実務に関する知識について

士業というものは、開業したからといって仕事ができるとは限りません。
仕事がわからなくても開業はできてしまうところに怖さがあります。
社労士もそういった流れの一つではありますが、
どちらかといえば実務寄りの資格勉強といえます。

 

だからといっていきなり仕事はできません。
法令の改正速度の問題もあります。

 

今まで覚えていた知識が、突然使えなくなることもあります。

 

意味が変わってしまい、とらえ方が変わる時もあるわけです。

 

そこで、資格学校などでは実務訓練的な講座を開講しているところさえあるのです。
そのため、事務所を運営していくのであれば常に勉強時間を作り、
仕事に対して学んでいかなければいけません。

 

書物なども多く出ていますし、
先輩にあたる人を見つけて話を聞くだけでも勉強になります。

 

勤務社労士をしながら、実務の経験を高めていく方法もあります。

 

あまり多くの求人があるわけではありませんが、
社労士の登録に認められた方法でもありますので、
勤務しながら多くの勉強時間を割いているのと同じ効果があります。
現場で常に変化する法令の中、経験を積んでいくわけですから、
そのあとで独立を考えていくというのも、
うまく軌道に乗せる一つの方法になってくるのです。

社労士メニュー

最新記事

Copyright  社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか?  All Rights Reserved