社労士の勉強時間

社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか? > 社労士メニュー > 社労士に相性がいい資格取得の勉強時間も考える

社労士に相性がいい資格取得の勉強時間も考える

要約:士業は独立しても仕事を集められるまでに時間がかかる。
社労士も同じであることからワンストップサービスで経営ができるように他資格の取得も考え、
勉強時間を割いていくべきなのである。

 

現在の士業は、開業したとしても簡単に仕事を集めることができず、
軌道に乗せるまでにはかなりの時間を要します。

 

営業力があれば、それでも乗り切っていけるのですが、
士業を目指すものの属性としてあまり得意ではない人が多い鵜ということも、
軌道に乗せるまでの時間が長引く要因でもあるのです。

 

社労士も同様であり、開業するにしても、
なかなか軌道に乗らないジレンマとの戦いになるのです。

 

社労士は企業と密接な関係になるため、
なかなか新規の事務所が入り込む隙間がないということも原因にあります。

 

そこで、ワンストップサービスが展開できるように、
複数の資格と組み合わせて事業展開していく方法があるのです。

 

そのためには、勉強時間などを割かなければいけませんが、
営業が得意ではない属性が多い反面、地道な努力は得意である人が多いのも士業の特徴ですから、
努力次第で大きな展開ができるはずなのです。

 

ですが、資格には相性というものが存在します。

 

社労士には税理士や行政書士、
ファイナンシャルプランナーなどが相性のいい資格と言われます。
どんな資格でも社労士と組ませやすいわけではありませんので、
事業と営業の展開方法まで考慮に入れ、
他の資格の取得も考えていくべきなのです。

社労士メニュー

最新記事

Copyright  社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか?  All Rights Reserved