社労士の勉強時間

社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか? > 社労士メニュー > 社労士の試験は勉強時間だけではない、体調の管理の重要性

社労士の試験は勉強時間だけではない、体調の管理の重要性

要約:社労士の試験は8月4週目の日曜日という残暑厳しい中で行われる。
そのため、勉強時間にばかり気を取られるのではなく、
体調の管理にも十分注意することも試験対策として重要である。

 

 

日本の夏の気温は集中力を奪います。

 

そんな夏に勉強時間を割き、試験を受けなければいけない社労士の場合、
試験日は8月4週目の日曜日と定められているため、
夏の試験場で試験を受けることになります。

 

そして何よりも、5時間にわたる試験が集中力を失わらせる原因にもなります。

 

そのため体調管理がとても重要な試験になるのです。

 

試験会場に行ってみると、外は残暑厳しい状態の中、
入ってみたらクーラーで震えるなどということもあります。

 

最初のうちは快適だったりするのですが、2時間もすれば体にこたえてきます。

 

特に直前まで対策に勉強時間を割いていたりすれば、
体力的にも落ちてきていますし、
この温度変化に体がついていかなくなることもあるのです。
そのため、羽織るものの一つも用意しておきたいところなのですが、
会場によってはこの逆も存在します。

 

残暑厳しい中で、クーラーもかけずに試験をこなすということも、
かなりきついものです。
それまでの勉強時間を含め、社労士の試験は長丁場の試験です。
会場の状態に合わせ、着るものなどを出しておくことも重要ですし、
厳しいルールはありますが、水分補給なども認められています。
試験日に合わせ体調を整えていくことも、試験対策として重要なことになるのです。

 

 

社労士メニュー

最新記事

Copyright  社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか?  All Rights Reserved