社労士の勉強時間

社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか? > 社労士メニュー > 社労士の勉強時間を試験に近くなってから集中させることの意味

社労士の勉強時間を試験に近くなってから集中させることの意味

要約:社労士の試験の中に労務関連の法令があるが、
とても改正が早い分野である。そのためテキストは1年しか使えないため生の情報が重要なため、
少しでも情報が得られ勉強時間をコントロールしやすい通信教育の利用が向いている。

 

社労士の試験勉強は、長期的視野に基づき行うべきといわれますが、
最終的に集中して勉強時間を使っていくことが効果的であるといわれます。

 

その理由は、試験直前に勉強時間をつぎ込み、
一夜漬けのように詰め込むという意味ではありません。

 

社労士の試験範囲である労務関連の法令は、
様々な種類がある法令の中でも改正がとても激しい分野でもあります。

 

そのため、テキストの寿命はたったの1年しかないのです。

 

これも難易度の高さの一つになっているのです。

 

覚えてきた現状の知識は、使い切れるうちに使い切らなければいけないのです。

 

基礎的なことから学び、試験の年に完成させることは重要なことなのですが、
完成しかけたものを次の年に持ち越すことはとてもリスクがあるのです。

 

社労士ができるだけ生の情報の下で勉強していくことが有利であるというのも、
この改正の速さもあるのです。
勉強時間を維持していくのは大変難しいことです。

 

社労士の受験属性は、ほとんどが社会人のはずです。

 

試験直前になってきたからといって、
勉強時間を優先していくわけにもいかないものです。
そこでできるだけ生の情報に近い、
通信教育の利用が向いているといわれます。
時間も有効に分配することができますし、
費用も抑えることができます。

社労士メニュー

最新記事

Copyright  社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか?  All Rights Reserved