社労士の勉強時間

社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか? > 社労士メニュー > 費用を考えて社労士の試験の勉強時間コントロールし、独学で進めること

費用を考えて社労士の試験の勉強時間コントロールし、独学で進めること 

要約:社労士は資金的にとてもかかる資格でもあることから、
勉強時間を自分で決めていく独学を選択する人もいる。
費用を自分でコントロールできるメリットはあるが、
デメリットも大きいためかなりの努力を強いられることになる。

 

社労士は受験するだけでもかなりの苦労を求められる資格ではありますが、
合格後もかなりの資金が必要になる資格でもあります。
特に合格しても実務経験がない場合には、
研修を受けなければならずその費用も7万円と決して安いものではありません。

 

そこまで費用が掛かるのがわかっていて、
かなり高額になる資格学校などを選択するには資金力がなければいけません。
そのため、あえて独学を選択する人もいるのです。

 

独学であれば、勉強時間も自分のペースに合わせることができますし、
費用も自分の予算に合わせて書けることができます。

 

テキストなどを選択するにあたっても、自分に読みやすいものを選択することもできますので、
わかりやすいものを選びやすいといえます。

 

ですが、大きなデメリットとして、最新の情報を得ることができないということがあります。

 

どうしても発売されてから時間のかかるテキストを手にするため、
最新の情報を提供できる講師に比べ、かなり後手になってしまいます。

 

さらには、モチベーションの管理の問題もあります。

 

自分の時間で勉強時間をコントロールできるため、
どうしても甘えが出てしまうことがありわけです。

 

それでも費用の面はかなりのアドバンテージになるものです。

 

独学のみではなく、途中に資格学校などの答練会などを入れる方法もありますし、
直前問題集などをうまく利用することで、デメリットをできる限り打ち消す努力をすれば、
全く合格できないというわけではないのです。

社労士メニュー

最新記事

Copyright  社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか?  All Rights Reserved