社労士の勉強時間

社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか? > 社労士メニュー > 初学で社労士の資格試験の勉強時間を考えた場合

初学で社労士の資格試験の勉強時間を考えた場合

要約:社労士初学の場合、資格学校などでは1年以上の勉強時間を考える。
働きながらの受験ということもあるが、受験資格を考えた時にでも
大学卒業程度の学力は必要なのがわかるため、
余裕をもって勉強しなければ合格には遠い。

 

資格試験の場合、今までに経験があるかどうかということは、
社労士の勉強時間にかなり影響を与えます。
よく資格情報サイトなどで、最低何時間などといわれることがありますが、
受験者の属性を考えていない時間設定は無意味です。

 

受験者には必ずそれまでに行ってきた過去が存在します。

 

その経験によって勉強時間はかなり変化してくるわけです。
社労士の初学の場合、過去の経験はほとんどないといえる存在です。

 

労務の経験などがあれば、かなり有利に働くものですが、
それすらないところからスタートするとすれば、
かなりの勉強時間を必要とするのは明白です。

 

資格学校などのカリキュラムを参考にすると、
初学の場合には1年近くの時間を見ます。

 

属性的に学生は少ない資格試験ですので、
企業などに勤務しているということもあるのですが、
かなりの時間数を見なければ合格することができないことを物語っています。

 

これは、受験条件として大学卒以上、
または行政書士・司法書士の資格保有者などというところにも隠されています。

 

つまり、受験レベルとしても大学卒業以上程度ということを想定しているわけですから、
それだけ試験内容も高度であるということがうかがい知れるのです。

 

国家資格としても難易度の高い試験です。

 

余裕を持った受験計画の元、時間を確保していかなければ、
初学にはかなり難易度が高いといえるのです。

社労士メニュー

最新記事

Copyright  社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか?  All Rights Reserved