社労士の勉強時間

社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか? > 社労士メニュー > 実務経験がある場合の社労士試験の勉強時間

実務経験がある場合の社労士試験の勉強時間

士業に関する資格試験の勉強時間というものは、
その人の属性にかかわる部分が多くあります。

 

社労士の資格の場合、社内などで労務に関する仕事をしている場合、
かなりのアドバンテージを持っているといえます。

 

これは、社労士の資格がとても企業に密接するという部分があり、
務能力が発揮される試験でもあるからなのです。

 

その理由として、出題の中に実務を想定されている部分が、
数多く存在していることからも推測できます。

 

そして、2年以上の実務経験がある場合には、
合格後の4か月間の講習の必要もなくなります。

 

それぐらい実務経験というものを重要視しているのです。

 

だからといって、勉強時間もなしに合格できるかといえば、
そんなことはありません。

 

資格学校などでも、今までに受験経験などがある場合でも3か月のコースですし、
受験寸前には直前答練なども存在します。
とても短い勉強時間では、合格にはたどり着けないレベルだといえるのです。

 

実務経験がある場合には、時間がある時に学び取りたいところを
選べる通信講座を選択するほうが向いていることもあります。
カリキュラム通り進めてもいいのですが、必要なところをピックアップすることで、
不足分を補うことができるからなのです。

社労士メニュー

最新記事

Copyright  社労士に合格するために必要勉強時間はいくらか?  All Rights Reserved